カフェエプロンやカフェユニフォームの洗濯方法

それでは洗濯方法を・・・とその前に、これはエプロンやユニフォームに限った事ではありませんが、洗濯をする際に気を付ければならない事があります。それは洗濯表示です。

当たり前のことではありますが、意外とこの洗濯表示に合わせて洗濯される方は少なかったりするかも知れません。2016年12月に洗濯表示の変更があったこともあり、あまり表示の内容をご存知でない方もいらっしゃるでしょう。そこで、まずは新旧両方の洗濯表示の説明をしていきます。


洗濯表示表(国内) ※2016年12月以前
洗濯マーク洗濯マークの意味 洗濯マーク洗濯マークの意味
40limit 表示数字の液温を限度とし洗濯できる。(左図:液温40℃限度) hyouhaku 塩素系漂白剤による漂白ができる。
jyaku_30limit 表示数字の液温を限度、洗濯機の弱水流または、弱い手洗いが良い。 enso_batsu 塩素系漂白剤による漂白ができない。
tearai 洗濯機不可。表示数字の液温を限度、弱い手洗いが良い。 yowaku 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞る。
mizuaraifuka 水洗いできない。 shibori_batsu 絞ってはいけない。
airon_kou 210℃を限界、高い温度(180〜210℃)で掛ける。 tsurihoshi つり干しが良い。
airon_chu 160℃を限界、中程度の温度(140℃〜160℃)で掛ける。 tsurihoshi_hikage 日陰のつり干しが良い。
airon_tei 120℃を限界、低い温度(80〜120℃)で掛ける。 hirahoshi 平干しが良い。
airon_batsu アイロン掛けはできない。 hirahoshi_hikage 日陰の平干しが良い。
dry 溶剤はパークロエチレン又は石油系を使用できる。ドライクリーニングできる。 net 付記マーク 洗濯時にネットを使用する。
dry_sekiyu ドライクリーニングできるが、溶剤は石油系を使用する。 chuusei 付記マーク 中性洗剤を使用する。
dry_batsu ドライクリーニングはできない。 atenuno 付記マーク アイロン掛けの際に当て布を使用する。

洗濯表示表(国内) ※2016年12月以降
洗濯マーク洗濯マークの意味 洗濯マーク洗濯マークの意味
40limit 表示数字の液温を限度とし洗濯機で洗濯できる。(左図:液温40℃限度) hyouhaku 漂白剤による漂白ができる。
jyaku_40limit 表示数字の液温を限度、洗濯機の弱水流で洗濯できる。 enso_batsu 塩素系漂白剤による漂白ができないが、酸素系漂白剤による漂白ができる。
saijyaku_30limit 表示数字の液温を限度、非常に弱く洗う。洗濯機での洗濯ができる。 hyohaku_batsu 漂白剤による漂白ができない。
tearai 洗濯機不可。表示数字の液温を限度、弱い手洗いが良い。 tannburu タンブル乾燥80℃まで。
kaetisenntakubatsu 家庭では洗濯できない。 tannburu60 タンブル乾燥60℃まで。
airon_kou 高い温度でのアイロン掛けができる。 tannburu_batsu タンブル乾燥できない。
airon_chu 中程度の温度でのアイロン掛けができる。 cleaning_kuro パークロロエチレンでのクリーニング。
airon_tei 低い温度でのアイロン掛けができる。 cleaning_sekiyu 石油系のクリーニングができる。
airon_batsu アイロン掛けはできない。 dry_batsu ドライクリーニングはできない。
shibori_tennpi 絞って吊るして天日干しする。 wet_cleaning ウェットクリーニングができる。
shibori_hikage 絞って吊るして日陰干しする。 wet_cleaning_batsu ウェットクリーニングができない。
nureboshi 絞らず濡れた状態で吊るして天日干し。斜線が付けば日陰干し。 hirabosi 型崩れ防止に平干しにて天日干しする。斜線が付けば日陰干し。

エプロンの洗濯方法

エプロンは衣服の保護を目的として使用されることが多く、油汚れ、水溶性の汚れ等様々な汚れが付きやすいものです。この汚れを落とすのに皆様はどのように洗濯されていますか?どんな汚れが付いても洗濯機で洗濯して終わり、という方も多いかもしれません。しかしエプロンの様々な汚れは、その汚れに合わせて洗濯する事が理想的で、汚れをしっかりと落とせます。

エプロンの汚れに合わせて洗濯

エプロンはキッチン周りや食品を扱う場所で使用することが多いため、油汚れ、水溶性の汚れが多いと思われます。そこで油汚れと水溶性汚れの洗濯方法について紹介したいと思います。

エプロンの油汚れの洗濯方法

油汚れにはドライクリーニングがベストです。何故油汚れにはドライクリーニングなのかというと、ドライクリーニングは洗濯の際に水を使用せず有機溶剤を使用して洗濯します。この有機溶剤というのは私たちの身近の物で例えるとガソリンや灯油等ですが、有機溶剤の特徴は油脂に溶けるということです。溶け込んで油脂を浮き上がらせることで油汚れを落としているのがドライクリーニングとなります。

たまに家庭でドライクリーニングをしているという方もいらっしゃいますが、正しくはドライマークの衣類を水で洗っても型崩れや縮みなどを出来るだけ起こりにくくするように工夫した洗剤で洗っているに過ぎません。有機溶剤は一般的に揮発性が高く危険物となりますので家庭用の洗濯機で使用する事はできません。そのためドライクリーニングはクリーニング屋さん依頼する必要があります。

しかし油汚れを落とす為に毎回クリーニングに出すのはコストと手間がかかりますよね。そこで家庭で油汚れのものを水洗いする時のポイントを紹介します。

油汚れの物を水洗いする場合のポイント

1.洗濯前の準備

固形物がついていたら乾いたティッシュ等でつまみ取る。すぐに洗えない場合はあわてて水をつけたり、手洗い石鹸などで洗わないように注意が必要です。

油汚れ等エプロンの汚れの気になる箇所を洗濯の前に事前に部分洗いする。もしくは、洗濯前にしみ抜き用の酸素系漂白剤を付けておく。(酸素系漂白剤を使用した場合は放置せず早めに洗濯して下さい。放置すると色落ち・色抜けの原因になる場合があります。)
※酸素系漂白剤を使用する場合は使用方法や使用出来る物かどうか必ず確認してから使用して下さい。
→詳しくはこちらから

2.洗濯

エプロンの洗濯方法は通常通りですが、ポイントは脱水時間を短くすることです。干した際に水の重みでエプロンのシワが伸びる効果もあります。

3.洗濯後

エプロンの形を整えて干す。乾燥後に軽くアイロンを掛けることでさらにキレイに仕上がります。

エプロンの油汚れにはドライクリーニングは理想的ですが、日々のお手入れとしは上記のように洗濯前に気なる箇所を事前洗いしたり、洗濯前にしみ抜き用酸素系漂白剤を付けておくことである程度は汚れを落とすことができます。しかし何よりも重要な事は、洗濯表示や酸素系漂白剤の使用方法をしっかりと確認し、表示・使用方法に従って洗濯を行うことです。

エプロンの水溶性の汚れの洗濯方法

水溶性の汚れには水洗いがベストです。水溶性の汚れは泥や汗等が多く、シミにもなりやすいものです。中でもコーヒーやワイン、醤油などはカフェ等の飲食店では頻繁に付いてしまう水溶性の汚れです。そんな汚れにはシミ取り用の酸素系漂白剤、または塩素系漂白剤を使用することでしっかりと汚れや臭いを落とす事が出来ます。

漂白剤はシミなど色素を落とすだけの薬剤と認識されている方もいらっしゃるかもしれませんが、漂白剤は科学的にシミや汚れの色素、または汚れ自体を分解する薬剤であり、殺菌・除菌効果があり生乾き臭や汗の臭いなどを退治することもできます。

しかし漂白剤は正しく使用しなければ色落ち、色抜け、もしくは生地その物を傷めてしまい、洗濯してきれいになるどころかダメにしてしまうこともあります。漂白剤の使用は十分注意し、正しい知識を持つ事がとても重要です。漂白剤についてはこちらをご覧下さい。→漂白剤の使用方法

水溶性汚れの洗濯のポイント

1.洗濯前の準備

固形物が付いている場合は乾いたティッシュ等でつまみとり、その後にシミや汚れの気になる箇所を濡らしたティッシュでつまみ取ります。この時引っ張ったりすると生地が伸びてしまうので引っ張らないように注意して下さい。さらに乾いたティッシュで水分を吸い取ります。

2.洗濯

洗濯表示に従って洗濯します。酸素系漂白剤、または塩素系漂白剤を使用出来る場合は使用します。また、色物やデニム等の素材は色落ちしたりしますので、他の色の物と一緒に洗濯はしないように注意しましょう。

3.洗濯後

エプロンの形を整えて干します。乾燥後に軽くアイロンを掛けることでさらにキレイに仕上がります。

エプロンの水溶性の汚れには水洗いがベストです。しかし、色物やデニム等の素材は色落ちしたりしますので他の色の物等と一緒に洗う事は避けましょう。また、漂白剤を使用することで除菌・殺菌もでき、より清潔にする事ができますが、漂白剤の使用には十分ご注意下さい。正しく使用しないとエプロンをキレイするどころか傷めてダメにしてしまいます。正しい知識を持って使用しましょう。

商品グループ

売れ筋商品
RSS ATOM