カフェエプロンやユニフォームへの漂白剤の使用

カフェエプロンやカフェのユニフォームは毎日着用し、毎日清潔にしておかなければなりません。しかし、その方法を間違えてしまうとさらに汚染が進んでしまったり、色落ち、色移りしてしまったり・・・と大事なカフェエプロンやユニフォームが台無しになってしまったりします。カフェエプロンとユニフォームの通販kitemasu-キテマス-はエプロンやユニフォームの通販を行っており、洗濯方法等の問い合わせもいただく事があります。そこで今回は漂白剤を使用したお手入れを紹介します。

エプロン・ユニフォームに使用できる漂白剤の種類と特徴

漂白剤とは、科学的にシミや汚れの色素、または汚れ自体を分解する薬剤です。白物を真っ白にする為だけではなく、殺菌や除菌の効果もあり消臭効果や再汚染を防ぐためにもとても便利な薬剤です。また、一言に漂白剤と言っても大きく分けて2種類あり、その種類によって長所と短所が大きく異なりますので使用には正しい知識が必要です。まずはその2種類の特徴を紹介します。

漂白剤の種類

塩素系漂白剤

塩素系漂白剤は漂白力が強く、除菌や殺菌力も強く、トイレ用・台所用・カビ用などのように、どちらかと言えば衣類系で使われる事はあまりありません。しかし、このような漂白剤の濃度を少し薄くした衣類用の漂白剤もありますが、塩素系漂白剤は漂白力も強い代わりに色素も破壊する為、白物にしか使用できず、色物、柄物には使用できない弱点があります。

酸素系漂白剤

酸素系漂白剤は塩素系より漂白力は劣りますが、基本的には繊維を傷めることなく汚れの色素や汚れ自体を落としやすくする事ができ、色柄物の衣服でも衣服自体の色は残して、黄ばみや食べこぼし等汚れだけを落ちやすくする事ができます。また、塩素系には劣るものの、除菌・殺菌力もあり、色柄物の衣類にはとても便利な薬剤です。

このように同じ漂白剤でも特徴が異なります。なかでも酸素系漂白剤は色柄物にも使用できるということをご存知ではない方もいらっしゃるかもしれません。そしてその酸素系漂白剤の正しい使用方法をご存知ではない方もいらっしゃるかもしれません。塩素系の漂白剤は洗濯表示を確認する事で使用できるか、使用できないかの判断はすぐにできますが、酸素系の漂白剤は洗濯表示を確認するだけでは使用できるかできないかの判断は難しいものです。そこで酸素系漂白剤の使用ができるかどうかの確認方法を紹介します。

■洗濯表示
塩素系漂白剤の使用できる洗濯表示 塩素系漂白剤の使用できない洗濯表示
塩素系漂白剤の使用可塩素系漂白剤の使用不可

酸素系漂白剤の使用確認方法

お気に入りの服、毎日着るユニフォームやエプロン等は常にきれいにしておきたいものですね。酸素系漂白剤は色柄物にも使用できるとても魅力的な薬剤なのですが・・・もちろん万能薬ではなく、使用できないエプロンやユニフォームも多く有ります。

酸素系漂白剤の使用できないエプロンやユニフォーム

  • 水洗いできないエプロン・ユニフォームには使用できない。
  • 粉末タイプは毛・絹など動物性繊維を使用したエプロン・ユニフォームには使用できない。
  • ボタン・ファスナー・金属を使用したエプロン・ユニフォームでは化学反応を起こしてしまい、金属そのものがボロボロになったり、金属に触れている生地に影響を及ぼすので使用できない。
  • エプロンやユニフォームの生地に金属染料が使用されていると、化学反応を起こし色が抜けたり、繊維を傷めるので使用できない。

上記のうち上の3つは洗濯表示などケアラベルを確認する事である程度は判断できますが、4つめはラベルや見た目だけでは判断できず、酸素系漂白剤を使用するには目立たない部分でテストを行う必要があります。服を買うと服と同じ生地の布が付いていたりしますので、それを利用する事で実物でテストを行わなくても酸素系漂白剤を使用できるか確認することもできます。

色柄物を漂白処理する前のテスト方法

酸素系漂白剤が使用できるか確認するためにいきなり漂白剤に浸けてしまうと、もし使用出来ないものだった場合は大惨事になってしまいます。まずは目立たない部分、もしくは服に付いてきた同生地の布でテストしてから使用しましょう。

  • 漂白剤を多めにお湯に溶かして濃い目の液を用意
  • 用意した液を目立たない部分や布に付けて5分程度おく
  • 5分程度おいた後に白布をあててもんでみる
  • 白布に色が移った場合は漂白剤の使用はできません。

また、繊維に綿が使用されていると金属染料が使用されていることも多く、特に注意が必要です。上記のテストを行って問題がなければ酸素系漂白剤を使用することができます。テストを行うのは少々面倒ではありますが、大切なエプロンやユニフォームを常にキレイに清潔に保つためにはテストを行い、使用できるのであれば率先して酸素系の漂白剤を使用しましょう。そうすることにより通常洗濯以上に殺菌・除菌・消臭を期待できます。

では次に酸素系漂白剤を使って生乾き臭をなくす方法を紹介します。

酸素系漂白剤で生乾き臭を無くす方法

前途にも述べたように、漂白剤は色素を落とすだけではなく、除菌・殺菌効果もある薬剤ですので梅雨の時期などの湿気の多い時期により本領を発揮します。

梅雨の時期は一年で最も湿気が多く、洗濯後に干していると『生乾き臭』が付いてしまったりすることが一番多い時期です。生乾き臭のするエプロンやユニフォームをカフェ等の飲食店で使用するとお客様からのクレームや、お客様の減少に繋がりかねません。実際そんなお店を好んで通ったりはしないですね。この生乾き臭は酸素系漂白剤を使用することで退治することができるのです。

そもそもこの生乾き臭は何故発生するのでしょうか。

生乾き臭が発生する原因は、洗濯後でも残ってしまった汚れ(皮脂やたんぱく質)が湿気により菌繁殖を増加させてしまうことで起こるのが原因です。そのため生乾き臭を消すには原因となる菌を殺す必要があります。殺菌をしっかりする、ということで漂白剤の殺菌力が効果的となります。

生乾き臭を無くすポイント

エプロンやユニフォームの生乾き臭を無くすには、ただ漂白剤を使うのではなく、より効果的に無くす3つのポイントがあります。このポイントを実践してよりキレイでより清潔なエプロン・ユニフォームへ仕上げましょう。

洗濯機をキレイにする

既に酸素系漂白剤を使用しているにも関わらず臭いが取れない場合には、洗濯槽が汚れていることが考えられます。洗濯槽が汚れていては洗濯しても元も子もないのでしっかりと洗濯槽を洗いましょう。また、酸素系漂白剤の効果を最大限に発揮させるには洗濯前に洗濯槽を洗うことでその効果を得ることができます。

では洗濯槽はどのように洗えば良いのでしょうか。

洗濯槽を洗う方法
  • 40℃以上のお湯を使用する。
  • 粉末の酸素系漂白剤を溶かし10回程撹拌し長時間放置する。

このように洗うことでこびり付いていた汚れやカビを落とす事ができます。

粉末と液体を使い分ける

実は市販されている酸素系漂白剤にも種類があることをご存知でしたか。市販されている酸素系漂白剤には粉末タイプと液体タイプがあり、この2つはそれぞれ効果が異なります。粉末は『アルカリ性』液体は『酸性』使用できる繊維と使用できない繊維があるので注意が必要です。

粉末と液体の違い

粉末と液体の違いは明確で、

  • 粉末タイプは『絹や毛などの動物性繊維の製品』には使用できない
  • 液体タイプはボトルに書かれている指示に従えば『動物性繊維の製品』にも使用することができる

となります。しかし、『酸素系漂白剤の使用できないエプロンやユニフォーム』の項目でも挙げたように、金属を使用した製品水洗いできない製品など酸素系漂白剤の使用できないエプロンやユニフォーム』の項目で挙げたものには使用できませんので注意が必要です。

40℃以上のお湯を使用する

酸素系漂白剤を使用する際の一番のポイントでもあるのが、40℃以上のお湯を使用することです。これは洗濯槽を洗う時だけではなく、エプロンやユニフォームを洗う際も同じことです。酸素系漂白剤のもう一つの特徴が40℃以上のお湯を使用しないとその効果はほとんど得られません。しかしこのお湯を使う際も洗濯表示に注意しましょう。

洗濯表示には左の絵柄のようにお湯(水)の温度の上限を指定しているものがあります。この表示されている数字が温度の上限を差す物ですので『40』と表示されていれば酸素系漂白剤を使用しても効果を得ることが期待できますが、『30』などのように40℃以下の指定の場合には、もちろん効果はゼロではありませんがその効果はあまり期待できません。

■洗濯表示
limit40 limit30
40℃の液温を限度とし洗濯できる。30℃の液温を限度とし、手洗いによる洗濯できる。

このように正しく漂白剤を使用することでエプロンやユニフォーム、お気に入りの服を常にキレイに、常に清潔に保つ事ができ、長く着用することができます。漂白剤の殺菌・除菌・消臭効果を最大限に活用し、エプロンやユニフォームを大切に着用しましょう。

商品グループ

売れ筋商品
RSS ATOM